車は燃費をみて選ぶのに、家は燃費をみないで選ぶ日本人

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

先日の日曜日行った
北名古屋市の博物館
の地下には、
昭和の時代の車が
展示してあった。

 

商用車の数々!

 

昭和に時代の高級車

もちろん、全てガソリン車

 

第一次オイルショック前に
設計された車ばかり!

 

燃費なんて
気にしてる人も
少なかったんだろうな

だいたい、燃費は
表示されていたんだろうか?

今では、
車を買う時に大半の人が
燃費を気にする時代になった。

 

だから、車は、
この50年で大きな進化を遂げた。

 

それに比べ、
日本の住宅は、
あまり進化していない。

 

日本では、
住宅の燃費表示は、
ほとんどされていなく、
住宅の燃費表示ができることを
知っている人もまだまだ少ない!

 

日本の住宅は
断熱性能が低く、
大量の熱を逃している。

冬は室内でも寒いし
夏は暑い。

結果、
エアコンをガンガン回して
不必要な電力を冷暖房で
浪費している。

 

個別間欠冷暖房だから
部屋別の寒暖差も大きい。

冬場の入浴では
居間と脱衣所で20℃も違う

脱衣場で裸になって
身体を冷やして
その上、熱い風呂に入るので

ヒートショックだと見られる
風呂場での死者は
1万7000人にもなった。

これは、
交通事故の4倍の死者数だ。

ヒートショックで
心臓や能の病気になる人も多い

 

 

つまり、
燃費が良い家のほうが、
住む人の健康にも良い。

 

なのに
多くの人は、
家の燃費は、みないで選ぶ

多くの人は
車の燃費は、みて買うのに

 

 

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です