注文住宅を建てる場合の支払い時期と金額の目安

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目
住まいる先生 いわくにです🎵

 

住まいの相談で
住宅ローンのことを
聞かれる方も多いけど

それに合わせて
支払いのことを
聞かれる方も多い!

 

 

分譲住宅を
購入する場合の支払い回数は、
手付金と最終支払いの2回が多い!

 

しかし、
注文住宅の場合は
昔からの商慣習で回数が多い。

 

業者によって
支払い回数や金額の割合は
違うようだけど
一般的な事例を紹介すると!

時期と金額は、
契約書に記載される。

 

1.手付金

契約書に記名押印し、
正式に契約を結んだ時に

工事費の1割程度が目安

 

 

2.着工金

新築工事が始まる時期に

工事費の3割程度が目安

 

 

 

3.中間金

上棟(建前)の時期に

工事費の3割程度が目安

 

 

4.最終金

新居が完成した際、
追加工事の費用なども含めて
未払い分の工事費を全てを

 

これは、あくまで
昔からの商慣習で一般的な場合。

 

契約までに
相談してもらえれば、
できるだけ、ご要望に合わせてる。

 

自己資金が少ない場合、
手付金や着工金の金額を減らして
中間金を増やすなどしてる。

 

8年ほど前に
大手の一角で
あったハウスメーカーが

工事着工前に
工事金額の8割ほどを
支払わせて倒産して
謝意問題になったことが
ありましたね!

 

そんなことがあったせいか

支払いの時期や額に敏感な
施主が増えたと

言われているって(^-^;…

 

ご心配でしたら、
完成補償制度を
申し込んでください。

 

完成補償制度は、
住宅の完成を
保険会社が保証する保険

 

契約書面ができるまでに
支払時期、支払金額、
完成保証の有無を確認してください。

 

ちなみに
いわいハウジングの場合は、
ご要望をいただければ、
全て、完成保証の契約が可能です。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。