アレルゲンが増えやすい秋は、換気能力がポイントになる

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目
住まいる先生 いわくにです🎵

 

 

今朝、放送してた
テレビが目に止まった。

 

秋カビに要注意

お風呂に
45℃以上のお湯
かけてやるとカビが死滅する!

 

テレビでは、
紹介されていなかったけど

天井にカビの胞子が
溜まってるので

天井に
45℃以上のお湯を
かけてやるのがミソ!

 

秋というのは、
アレルギーを引き起こす
アレルゲンが多くなる季節なんだ!

 

毎年10月になると
アレルギー性の喘息や鼻炎に
悩まされる人が多くなると
言われてる。

 

 

家の中で気をつけたい
アレルゲンは2つ

 

1つは ダニ

梅雨から夏にかけて
繁殖したダニの死骸が多くなる。

その上、
残暑や台風、秋雨で

高温多湿になりがちな
9~10月頃はダニの繁殖も
活発に行われている。

生きているダニとそのフン、
夏のダニの死骸、
その両方がとても多くなってる。

 

 

2つ目は
テレビでも問題になってた カビ

空気中に
飛んでいるカビの胞子は、
色々なアレルギーの症状を起こす。

梅雨〜夏の間に繁殖したカビは、
秋になって乾燥すると胞子が
飛びやすくなり、アレルゲンとなる。

 

カビ・ダニともに
温度が20~30℃
湿度が70%以上で繁殖する。

 

繁殖に適した温度になる
これからの季節!

 

気をつけていないと
大変なことになる。

 

湿度のもとである
湿気を部屋から追い出すには、
換気が最も効果ががる。

 

専業主婦がいて、
こまめに窓を開け閉めしている
家庭は、カビが少ない (^_^)

 

そんな専業主婦の
いない家庭は、

カビ・ダニ対策が
できないかというとそうでもない!

 

それは、
換気性能が高い家に
住めば良い o(^o^)o

 

気密性が高い家に
計画換気扇を設置すれば、
窓を開けていなくても
24時間、適切量の新鮮な空気を
流すことができる。

 

省エネ・健康住宅が
仕事を持っている女性に
人気なのは、
これがあるからなんだ \(^.^)/

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。