構造計算しないで建ててしまう業者が意外に多い

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

Busines Journalさんの記事内で
持ち家戸建に対するニーズランキングが
書かれていた。

1位は87%で地震などに対する強さで、日本は地震大国であること、近年の大地震の記憶が新しいことなどから、トップとなることはうなずける。2位は柱や土台などの耐久性で86.8%の僅差、「長く住みたいニーズ」と言ってもいいだろう。3位は火災に対する安全性で83.8%、戸建のほとんどが木造なので火事のリスクには敏感だ。

出店:Busines Journal

87%が地震に
対する強さなのだそうだ!

地震の多い日本では
当然の結果のように思える。

しかしながら、
すべての建物で
構造計算されているわけではない。

一般の人は
すべてで構造計算されていると
思われていたのではないだろうか?

その理由は、

資格を持った
建築士が設計する場合
政令で定める技術的基準に
適合することを前提として

・100m2以下
・木造2階建て以下
・延べ床面積500m2以下・高さ13m以下・軒の高さ9m以下
・木造以外で平屋建て以下、かつ延べ床面積200m2以下

の建物については、
確認申請の際に壁量計算書や
構造に関する図面等の提出を
省略できることになっている。

これを『四号特例』と言う。

そのため、住宅業者の中には

・構造計算を行わない業者
・簡易的なチェックのみ行う業者
・すべての建物に対して構造計算を行う業者

入り乱れている。

簡易的な
チェックのことを壁量計算という!

これを
構造計算と勘違いしている業者もいる。

熊本の地震で
構造計算されていない建物の
被害が大きかったとの報告がある。

構造計算には
費用が掛かるが
地震で壊れる不安や
被害額に比べれば安いものである。


それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です