新築住宅を建てる際に使う照明には、どんな種類があるのでしょうか。ここではシーリングライトやダウンライトをはじめ、さまざまな照明をご紹介します。また、空間別の照明器具の選び方についても解説します。

□部屋全体を照らす主照明の種類

部屋を明るく照らす、主照明について解説します。

*シーリングライト

天井に設置するタイプの照明です。最近では薄型が多いので、圧迫感もありません。広い面積を照らすのに向いているので、リビングや大広間などにも使えます。

*ダウンライト

天井埋め込み型の照明器具です。全体を照らすより、下方を照らすのに適しています。本体部分は天井に埋め込まれているので、出っ張りがなくスッキリしています。スポットライトのように、目立たせたい場所に、光を当てる照明としても使えます。

*間接照明

光を壁や天井などに当てて、反射した光で部屋を明るくします。反射した光は柔らかいので、ムードのある照明になります。

*シャンデリア

見た目が豪華で、装飾性の強い照明です。吊り下げるタイプの照明なので、天井が高い部屋に適しています。

*ペンダントライト

天井から吊り下げて、ダイニングテーブルを照らしたり、キッチンの手元灯としても使えます。ムードを盛り上げるのに適した照明です。

□空間別の照明器具選び

家の中の空間別に、最適な照明器具をご紹介します。

*リビング

リビングは、家族が集まる機会が多い場所です。家族の団らんや家事、育児、趣味、くつろぎのスペースとして活用されています。また、リビングは来客をもてなす場所としても使われます。さまざまな用途に使われるリビングには、複数の照明を使用して、時間帯や目的に合わせて、切り換えて使うといいでしょう。シーリングライトで全体を照らし、テーブルランプやフロアスタンドで、部屋のイメージを変えることもできます。

*ダイニング

ダイニングは食事をする場所なので、明るい昼光色を使いましょう。また、ペンダントライトを使うと、オシャレな雰囲気になります。

*寝室

就寝前にゆっくり過ごす場所なので、ダウンライトやペンダントライトを使うのがおすすめです。直接照明よりも、間接照明の柔らかい光が寝室に合います。

*廊下・階段

転倒や転落を防ぐために、足元を明るく照らす照明が必要です。ダウンライトやブラケットライトに、フットライトを組み合わせましょう。

*玄関

玄関は家族の出入り口であり、お客様をお迎えする場所でもあるので、明るく清潔感のある照明が好まれます。外玄関には屋外対応型のブラケットライトをつけ、内玄関は明るくて落ち着いた雰囲気にしましょう。

□まとめ

新築住宅に使う照明には、シーリングライト、ダウンライトなど、さまざまな種類があります。それぞれ特徴があるので、最適な照明を選びましょう。また、空間別の照明器具選びは、その空間の用途を考えて選びたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です