室温の変化が激しい家と激しくない家の違い

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

換気の話を
書こうかと昨日、宣言した。

けど今日は、
換気の話をする前に
知っておいて欲しい

室温の変化が激しい家と
そうでない家の話を!

最近の気温の変化は、

ウェーザーニュースさんの
週間天気予報によるとこんな感じ

週間天気を確認したい方は、
ウェザーニュースさんのサイトからご確認を
https://weathernews.jp/s/topics/202005/280205/

この気温がそのまま、
室温だとすると
朝晩は、肌寒くて暖房が欲しくなって、
日中は、暑くて、冷房が欲しくなる。

外の気温の変化と同じように
家の中の室温も

同じように変化する家と

外の気温が変化しても
家の中の室温は

あまり変化しない家がある。

もしかしたら、
この季節、
朝晩は暖房をつけて
昼間は、冷房をしている家も
あるかもしれない。

今の季節ぐらいだと
暑さも涼しさも感じない家もある。

それが
断熱性能による違いなんだ。

このグラフは、
僕が過去に実測したデータを
表したもの(^O^)

ちなみに
温度測定はデータロガーという
いろいろなところに設置して
測定している。

ボタン電池のような形をしているのが
データロガーという温度を記録するもので
黒いバンドみたいのが
記録したデータをパソコンに送りやつ

グラフは、
以前、工事した建物が
断熱リノベーションした棟もあれば
木造部分と鉄骨部分があったりして
部屋によって、
断熱性能がまちまちだったので
数日間温度を測定してみた。

部屋による
断熱性能の違いが
見事にあらわれてくれて大成功

黒が外気温で
青が一番断熱性能が高い部屋

条件は、冬で無暖房

断熱性能が高い青の線は、
大気温が下がっても
高い室温を維持している。

時々、
赤い線が青い線より高くなるけど
これは太陽に照らされた時に
温度が上がってしまう
断熱が性能が低い部屋

難しい話を書いたので
分かりにくかったかもしれないね!

換気の話を
する前に伝えたかったのは、

断熱性能が高い家は、
部屋の室温変化が少ないから
冷暖房をする時間が短くなる
ということ

だから、
断熱性能が高い家ほど
冷暖房費も安くなる
o(^o^)o

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です