金星のようにならないために地球環境に配慮した家づくりを

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

ネットの
ニュースを見てたら、
世紀の大発見というのを発見(^o^)

金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出
金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の痕跡を検出したとする研究論文が14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

出典【AFP=時事】
<a href="https://www.photo-ac.com/profile/2114610">ティーケー</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

金星は
地球に最も近い惑星!

だが、大気は
ほぼすべてが二酸化炭素

地獄のような
環境だと言われている。

地球も
二酸化炭素量が
増えていってるので
心配なのだが、金星も
過去に生命がいた可能性が(∵)

気象庁が国内の
二酸化炭素測定値を
公表しているが、
年々上昇している。

地球温暖化を防ぐため
二酸化炭素の発生量を
抑えることが大切になる。

それが
できるのが、省エネ住宅(^-^)

省エネ住宅の
施工には、
より高度な知識と
技術が必要になる。

そのため、
業者を対象にした
技術講習会が定期的に
国交省主催で開かれている。

しかし、
残念ながら、
省エネ住宅に関心がある
住宅の専門家は少ない(ToT)

講習会に未参加の
業者のうち約3割は、
講習会が開催されている
ことも知らない状況だそうだ!

省エネ住宅には、
性能の低い順に

長期優良住宅レベル
ゼロエネルギーハウスレベル
HEAT20 G1レベル
HEAT20 G2レベル
LCCM住宅レベル

がある。

当社のように
LCCM住宅レベルで
全て建てろとは言わないが

地球の
二酸化炭素量を
これ以上増やさないために

せめて、
長期優良住宅レベルでは
立ててほしいも出だと思う。

かつて
地球に生命が
存在したと言われないように

地球環境を
守っていきたいものだね(^.^)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です