桜が咲いてよい季節だから、花粉やPM2.5がない暮らしをしたくなる

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

きょうは、晴れて、
春らしい日差しですが、
風が冷たくて、寒いですね!

 

昨日は、
郡上方面から来た車の屋根に
雪が積もってたと

友人が言ってました。

 

そのおかげか、
随分と長い期間、
さくらを楽しめています。

 

お詣りに行く
真清田神社の桜まつり

桜まつりの期間は、
昨日まででしたが、まだまだキレイです。

 

本来は、
とてもよい季節のはずですが

アレルギーのある人に
とっては、嫌な季節です。

花粉に加え、
大陸から黄砂やPM2.5が
飛んできます。

 

花粉症を
引き起こす植物は、
約60種類ほど

 

この時期は、
スギやヒノキの花粉

5月に入ると
イネ科の植物による花粉によって

症患者が増えてきます。

 

黄砂は
中国大陸から土や鉱物粒子が
偏西風に乗って飛んできたもの

黄砂の中には、
自然起源ではない大気汚染物質が
含まれています。

 

PM2.5は、
大気中の粒状の物質で
大きさが2.5マイクロメートル以下のもの

髪の毛の太さの30分の1程度です。

 

PM2.5は、
窒素酸化物や硫黄酸化物などの
ガス状大気汚染物質が粒子化するもの

 

非常に細かい粒子のため
肺の奥深くまで入りやすく、
呼吸器や循環器への影響が
心配されています。

だから、
住まいが重要になってきます。

 

換気性能が良いがよい住まいでは、
花粉やPM2.5が少ない
暮らしをすることができます。

 

換気性能の高い高気密住宅に

高性能フィルター付き

高性能第一種換気扇を組み合わせると

家の中は、
花粉やPM2.5が少なくて快適です。

 

 

 

住宅の気密性能値を
示すC値c㎡/㎡(相当隙間面積)は
低ければ低いほど
住宅の隙間が少ないことを示します。

 

換気システムにとっては、
この値が低いほど良好な換気計画が
行える住まいであると言われています。

 

気密性能が高いと
風が吹いても家の隙間から
花粉やPM2.5が入ってきません。

 

気密性能が高い建物性能と
高性能の換気扇で
家の中は、年中快適です。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です