近年、LCCM住宅に注目が集まっています。
LCCM住宅という言葉は聞いたことがあるけど、どんな住宅なのかわからないという方もおおいと思います。
今回は、LCCM住宅とはどのようなものかと、そのメリットについて詳しく解説します。

□LCCM住宅とは

LCCMとは、ライフ・サイクル・カーボン・マイナスの頭文字をとったものです。似たものにZEHがあります。こちらはゼロ・エネルギー・ハウスの頭文字です。ZEHは、その家で生活するのに必要なエネルギー分を、太陽光発電などで創ることでエネルギー収支をゼロにするものです。LCCM住宅もZEHも生活時に使用するエネルギーが少なくなるように設計したものですが、LCCM住宅はZEHよりさらに進んで、生活時に必要なエネルギーだけでなく、その住宅の建設時に使用したエネルギーや廃棄にかかるエネルギーの分までも含めた全エネルギーをその住宅で創ることで、エネルギー収支をマイナスにする住宅のことです。

これは日本の課題の1つでもある、地球温暖化対策を見据えたものです。

住宅建設時には多くのエネルギーが使われ、CO2の排出量も増えます。LCCM住宅は、この建設時に発生したCO2を自主回収し、環境問題に貢献しようという考えのもと生まれました。一定の基準をクリアしてLCCM住宅に認定されると、国から補助金が受けられます。

では、LCCM住宅には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

□LCCM住宅のメリット

1つ目は、先ほどからお伝えしているように環境に優しいことです。
LCCM住宅は、住宅建築時に排出したCO2と、その後住宅に住む間に排出したCO2を、住宅が廃棄されるまでにマイナス収支にするものです。住んでいるだけでCO2排出量が削減でき、地球温暖化対策に貢献できるので、地球に優しい住宅なのです。環境に優しいことをしていると、きっと心にも余裕が生まれ、気持ちよく暮らせることでしょう。

2つ目は、補助金がもらえることです。
LCCM住宅に認定されると、補助対象工事に必要な費用に対して、国交省から補助金が出る可能性があります。2020年度の実績では、1戸あたり上限125万円まで、補助金が支払われています。ただし、補助金の予算枠の都合もあり、工事のタイミングによっては、対象外となる場合もあるので、詳細は国交省のホームページや住宅会社の担当者に確認しましょう。

3つ目は、光熱費が安くなることです。
LCCM住宅は、ZEH住宅以上に厳しい断熱性能基準をクリアしているので、冷暖房費が大幅に節約できます。しかも、LCCM住宅には太陽光発電が必須なので、さらに光熱費が安くなるはずです。

4つ目は、健康に良いことです。
LCCM住宅は断熱性能や気密性能に優れているため、家の中の温度変化が少なくなります。特に高齢者に起こりやすいヒートショックを防げることから、健康に良い住宅と言われます。

□まとめ

今回は、LCCM住宅とはどのような家なのか、またそのメリットについて紹介しました。こLCCM住宅は近年ますます問題となっている、地球温暖化対策を見据えて設けられたものです。長期的に見ると環境やご家族のからだ、お財布にも優しいLCCM住宅。気になった方はまずはお気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です