近年、注文住宅に関する情報の中に、ZEH(ゼッチ)という言葉をよく目にするようになりました。ZEHとは何なのでしょうか。この記事では、まずZEHについて解説します。また、ZEHにはいろんなメリットがあるので、そちらもご紹介しましょう。

□ZEH住宅とは

ZEH住宅とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の意味で、省エネ住宅のことを指します。さらに言えば、「エネルギー収支をゼロ以下にする家」がZEH住宅とも言えます。つまり、太陽光発電などで電気をまかない、家庭で使う電気代を実質的にゼロ以下にする家がZEH住宅なのです。ZEH住宅は家全体の断熱効果を高め、使用する電気量をできるだけ削減するように作られています。国はZEH住宅を広めようとしていますが、現在のところそれほど普及していません。ZEH住宅のことを知らない人が多く、ZEH住宅を建てるには、かなりの費用がかかると思っている人が多いのも、普及しない原因となっているようです。

□ZEHのメリット

ZEH住宅には、以下のようなメリットがあります。

メリット1. 光熱費を抑えることができる

ZEH住宅は、「高断熱」「省エネ」「創エネ」の3つのワードで表すことができます。断熱性を高くして電気使用量をできるだけ減らし、太陽光発電によって電気を創り出すのがZEH住宅なのです。光熱費を実質ゼロ以下にできるのは、その家に住む人にとって大きな魅力になります。また、太陽光発電が電気の使用量を大幅に上回れば、余剰電力を電力会社に買い取ってもらって、収支をプラスにすることも可能です。

メリット2. 自宅が健康に優しい快適な環境になる

ZEH住宅は高断熱なので、熱を逃がしにくいため、家の中が常に一定の温度に保たれます。一般の住宅は、風呂場の脱衣場やトイレが寒く感じることが多いのですが、高断熱の家はどこも同じ温度を維持できるので、年中快適に過ごすことができます。脱衣場やトイレが寒いと、高齢者がヒートショックを起こしやすくなりますが、高断熱の家ならその心配もありません。このように、ZEH住宅は家族みんなが安心安全に暮らせる家なのです。

□まとめ

ZEH住宅は、高断熱で太陽光発電などを設置した省エネ住宅です。ZEH住宅は、「高断熱」「省エネ」「創エネ」の3つで表せます。太陽光発電で余った電力があれば、電力会社に買い取ってもらうことも可能です。光熱費を抑え、家全体を一定の温度に保てるので、家族みんなが安心して暮らせる魅力があります。しかし、ZEH住宅はまだまだ普及していないのが実情です。ZEH住宅に少しでも興味がある方は、お気軽に当社までご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です