最近では、換気システムのある家が広く普及し、一般的な設備になりましたよね。
しかし、その詳細や換気システムを導入したことによって得られる具体的な効果についてご存じない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅で換気システムを導入することで得られるメリットについてご紹介します。

□換気システムとは

「そもそも換気システムが何なのかよく分からない」
そうおっしゃる方も多いでしょう。
換気システムとは、家中の空気が入れ替わるよう、ファンなどの機械を使用し、計画的に換気するシステムです。
このシステムを導入することで、2時間に1回の頻度で自動で換気ができ、24時間常に新鮮な空気を維持できます。

しかし、本当に換気システムが必要なのかと疑問に思われてる方もいらっしゃいますよね。
実は、2003年に建築基準法が改正された影響を受け、現在はこのシステムの設置が義務化されています。
つまり、2003年以降に建てられた日本の全ての住宅には、このシステムが必ず設置されているということがお分かりいただけるでしょう。

□換気システムを導入することで得られるメリットとは

先程ご紹介した通り、2003年以降からは設置が義務化された換気システムですが、実際に導入することでどのような効果が得られるのでしょうか。
続いては、その具体的なメリットについてご紹介しましょう。

まず1つ目に挙げられるのは、シックハウス対策になるという点です。
そもそも2003年に換気システムの設置が義務化された背景には、当時社会問題になっていたシックハウス症候群の影響があります。
シックハウス症候群は、住宅に使用される建材に含まれた化学物質を吸い込むことで発症する病気であるため、換気が非常に重要な役割を果たします。
ただ、現在の建材にはこうした化学物質がほとんど含まれていないため、今ではシックハウス対策としての意味合いは少しずつ弱まっていると言えるでしょう。

2つ目は、結露対策になるという点です。
冬になるとどうしても発生してしまう結露は、建材を劣化させ、結果的には住宅の寿命を縮めることにもつながります。
さらに、結露によって生じた水からカビが生えると、それに伴ってダニも繁殖しやすくなるため、アレルギー発症のリスクが高まるでしょう。
こうした問題も換気システムがあれば、室内の水蒸気を外に排出できるため、結露の発生が抑えられて安心ですよね。

他にも、換気システムの方が自分で定期的に換気するより、空気環境を安定させられるというメリットもあります。
さらに換気システムに熱交換器を組み合わせることで、冷暖房の使用も軽減できるため、省エネにもなるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅で換気システムを導入することで得られるメリットについてご紹介しました。
換気システムは、健康だけでなく、省エネな暮らしを送るためにも重要なシステムです。
せっかく注文住宅を建てるなら、今回ご紹介した内容も1つの知識として覚えておくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です