「自然素材の家を建てたいがため、無垢材の使用を検討しているけど、具体的なメリットが分からない」
そうお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
実際、無垢材は人気のある木材ですが、使用を検討するにあたって、その具体的なメリットは知っておきたいですよね。
そこで今回は、無垢材のメリットについてご紹介します。

□快適性に関するメリットとは

無垢材のメリットとしてまず挙げられるのは、湿度や温度調節が可能であるという点です。
四季がある日本では、夏は高温多湿であるのに対し、冬は乾燥と寒さが厳しいという特徴があります。
こうした環境においても、無垢材を使用した家であれば、柔軟に対応し、快適な暮らしを実現できるでしょう。

こうしたメリットが特に分かりやすいのは、1年の中でも特に湿気の多い6月から9月の時期です。
無垢材を使用した家であれば、梅雨の時期でも湿気を吸い取ってくれるでしょう。
一方で、空気が乾燥しやすい冬には、湿気を吐き出してくれるため、静電気対策にもなりますね。

さらに、無垢材は熱伝導もしにくいため、部屋の中の温度変化を少なくしてくれる効果もあります。
そのため冬場でも暖かく、裸足の場合でも比較的寒さを感じにくいです。
したがって、年中を通して快適に過ごせるでしょう。

こうした現象が起こる理由としては、無垢材が生きて呼吸をしている事が挙げられます。
まだ生きているからこそ、無垢材を使用している家は夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
つまり、無垢材は季節によって温度や湿度の変化が激しい日本の風土に最適な木材なのです。

□身体に関するメリットとは

無垢材は、暮らしの快適性以外にも、身体に優しいというメリットがあります。

先程もご紹介したとおり、無垢材には湿度や温度を調節する効果があるため、無駄な湿気を抑制できます。
そうすることで、自然と結露やカビも防止でき、アレルギー物質の繁殖も抑えられるでしょう。
さらに自然素材である無垢材(ヒノキやヒバ)には、精油成分が含まれているため、カビだけでなく、ダニなどの細菌類の繁殖も抑制する効果があるといわれております。
したがって、無垢材を使用することはアレルギーや吐息を予防することにもつながるのですね。

□まとめ

今回は、無垢材のメリットについてご紹介しました。
無垢材を使用することは見た目だけでなく、健康面においてもメリットがあり、より快適な暮らしを提供してくれるでしょう。
ぜひ一宮市で自然素材の注文住宅をお迷いの方は、今回ご紹介したメリットもご参考に、無垢材の使用について検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です