月刊ファミリー2021年9月15日号
いわい一級建築士事務所 住まいる先生 岩田邦裕

住まいる考No.178

あなたの住まいを守るのはかかりつけの専門家です

台風シーズンがきました。家の守りは万全ですか?

仕事で接しているメーカーの営業マンに転勤族がいます。転勤先で苦労したのは、小児科のかかりつけ医を探すことだったとか。知り合いがいない環境で、子育てや病気の相談ができる貴重な存在なのだそうです。

かかりつけ医は、医師であれば誰でも良いわけではありません。話しやすいとか、自分に合った言葉で説明してくれとか、知識が豊富で親身になって相談に乗ってくれるなど、それぞれ選択する基準があると思います。

住まいにも同じことを求めた方が良いと思いませんか?なぜなら、あなたの家を健康に維持するためには、専門家が必要だからです。そして、ご家族の健康をも左右しかねないあなたの住まいには、住まいの専門家が必要だからです。

私にもかかりつけ医のように、何かあるたびにすぐにご相談の連絡をいただくお宅が数多くあります。信頼されているからこそ、踏み込んだ提案もできます。要望を叶えるだけでなく、より良い暮らしを実現する提案です。

わたし同様、専門家も頼られれば嬉しいものです。あなたの住まいは、専門家によって守られていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です