新築住宅に、パントリーは必要なのでしょうか。
ここではパントリーについて説明し、パントリーがあると便利な家庭について解説します。

□パントリーとは?

パントリーとは、キッチン周辺にある収納スペースのことです。パントリーには食料品や調味料、調理器具などを保管します。ただし、パントリーは、普段使わない食料などの貯蔵庫ではないので、頻繁に出し入れすることが前提です。そのため、パントリーは収納スペースだけでなく、配置する場所や使い勝手の良さなども、重要なポイントとなります。

パントリーを設置すると、キッチン周りの収納が便利になりますが、ある程度のスペースが必要なので、キッチンが狭くなるおそれがあります。また、家の構造によっては、キッチンから離れた場所に、パントリーを作らざるを得ない場合もあるでしょう。しかし、キッチンから遠くなると使いにくくなるなど、デメリットもあります。

□パントリーが必要な家庭

パントリーは、すべての家庭に必要なわけではありません。
では、どんな家庭に必要なのでしょうか。

家庭の状況によっては、パントリーのためのスペースを他の用途に使ったほうがいい場合もあります。共働きで平日が忙しいなどの理由で料理をまとめて作りたいなら、パントリーがあると便利です。休日にまとめて買い物をして、1週間分の料理を週末にまとめて作る家庭もあるため、大量の食料品を買って保管しておくのにパントリーが役立ちます。

これと同様に、たまに大人数が集まって、パーティを開くような家庭にも、パントリーが必要でしょう。普段は使わないような大量の食料を買い込んでも、パントリーがあれば楽に保管できます。

また、パントリーは、日常の食料品だけでなく、災害用の非常食や、備蓄品を保管する場所としても使えます。最近では、非常用の食料を備蓄しながら、賞味期限が切れる前に食べて、新たに補充する「ローリングストック」が注目されています。パントリーがあれば、ローリングストックもスムーズにできるでしょう。

□まとめ

新築住宅にパントリーを設置すると、キッチン周りの収納が楽になります。ただし、パントリーを作るにはそれなりにスペースが必要なので、家族構成によってはこのスペースを、他の用途に使った方がいい場合もあるので注意しましょう。また、パントリーはキッチンから離れていると、使いにくくなります。パントリーは、週末にまとめて料理を作る家庭や、たまにホームパーティを開く家庭、災害用の非常食を備蓄している家庭などにおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です