住まいる考172「花粉対策とコロナ対応の住まいづくりポイント」

月刊ファミリー2021年3月15日号
いわい一級建築士事務所 住まいる先生 岩田邦裕

花粉対策とコロナ対応の住まいづくりポイント

マスク姿が日常になって、気づかれにくくなりましたが、今年もスギ花粉の飛散時期がやってきました。

花粉症の人のための家づくりとコロナ対策の家づくりは似ています。               

玄関に空気清浄機をおかれる家庭が増えました。
花粉を室内に持ち込まないために外出着の収納場所とアルコール洗浄液が置ける場所も欲しいですね。

ウィルス対策として、以前よりまして常に換気できていることが求められるようになりました。
窓を開けて通気による換気では花粉を防ぐことができません。
建物の気密性を高めて花粉フィルター付き24時間換気システムを導入することが以前に増して重要視されてきています。

人が生活していますと人の呼吸、ホコリ、化粧品、洗剤、芳香剤や消臭剤などのシックハウス原因物質の流出によって空気は汚れ続けています。
そのためにも換気は重要です。
花粉が舞う外気より換気しない室内空気の方が体に悪いです。

花粉を付着させないために洗濯物の室内干しをされる家庭も増えてきました。
同じスペースで畳む→アイロンがけなどの作業ができれば効率化も図れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です