年を重ねる前につまずくものは無くておきたい

こころとからだが喜ぶ暮らしを
住まいる先生 いわくにです

今日は、
大規模修繕の
打ち合わせに行ってきた。

以前、
水回リフォームを
させていただいて、
今回は、第二弾(^-^)

前回は、
キッチンと風呂を
新しいのに取り換えた。

今回は、
使っていない部屋を
主寝室にするのとトイレ!

それと、
ドア下の段差を
なくすバリアフリー工事

昔の家って、
ドアの下に
沓摺(くつずり)
という段差がついている。

ドア下の沓摺

昔は、
ドア下の隙間を
小さくするために沓摺を
付けたものだけど (^.^)

現在は、
つまずくのを嫌うし
換気に視点で考えると
隙間から部屋に空気が
流入した方がむしろ良いと
いう考え方 o(^-^)o

施主さんも
高齢のお母様を
預かって初めて、

この段差が
つまずくことに
気づいたそうだ (^o^)

私たちは、
体調や年齢に伴って、
段差に不便を感じるようになる。

気づかないうちに

またいで
歩いているんだけど、

年を取ると
自分で思ってるように
脚が上がっていないことがある。

それが
つまずきの原因!

ご相談で
一番多いのは、
トイレの段差(-_-;)

トイレ入口の段差

昔のトイレは、
廊下やほかの部屋よりも
一段低くつくられている。

今回は、
一階の入り口はすべて、
段差が3mm以下にする予定(o^v^o)

段差のない構造

段差がない床の
法律的な定義としては!

国土交通省が平成12年に
定めた住宅性能表示基準の
高齢者等配慮対策等級などで!

床の高低差を
設けない措置とは、

設計で3mm以内、
施工で5mm以内の
高低差範囲内を高低差無しと
して扱うと定義されている(^o^)

なので、
段差3mmの
予定であれば、
バリアフリー基準に
合致していることになる。

5mm以下にしないと
本当につまずくんだよね(^-^)

年を重ねてから
人生につまずく前に
床の段差はなくしたい (o^v^o)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です