住まいる考54 住まいの安心・安全 自分の家の強さを知る①

住まいの安心・安全 自分の家の強さを知る①

この度の胸が塞がれる大震災によって、改めて、備えあれば憂いなしと感じています。
そこで今号は、住まいの安心・安全の要である耐震を取り上げていきます。

これをお読みの一宮市在住の皆様は、津波の被害を想定しなくて済むのはとても幸いなことです。
建物強度は、地震と台風を想定して、建築基準法で定められています。
現在の地震に対する最低限の基準は、昭和
56年の建築基準法の改定が基になっています。
実際には、その後も地震の調査結果から修正が加えられています。

阪神・淡路大震災の際には、皆様の意識が大きく変わられたのを感じました。
私は、震災の一ヵ月後に住宅相談員として被災地の神戸に入り、
相談を受けながら、実際に建物が壊れている状況を見てまわりました。
その経験によって、私自身も皆様に安心・安全をお届けするという意識が強くなったのを覚えています。

私は、あの震災以降、新築住宅を耐震基準の5割増しで設計しています。
次回からは、その意味と耐震基準について、詳細を取り上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です