住まいる考111 家の中の寒さが原因で 交通事故死の4倍の方が

家の中の寒さが原因で
交通事故死の4倍の方が

寒い日が続きますね。こんな季節には、お風呂で温まりたいなって思うものです。
しかし、お風呂に入っていて、体調が悪くなったことはありませんか?
そして、家の中で体調が悪なって多くの方が亡くなっているのをご存知ですか?

この大きな原因がヒートショックと呼ばれる体調の変化だと言われています。
ヒートショックとは、居間などの「暖かい場所」から浴室やトイレなど「寒い場所」へ温度差を伴う移動が原因で血圧が急激に変化することを言います。

血圧の乱高下で失神して、浴槽で溺れたり、脱衣場やトイレで心筋梗塞、脳卒中などを起こします。
高齢化に伴って、これで亡くなる方は増え続け、最新の統計では年間19,000人になりました。
これは、交通事故死の4倍になります。

部屋の「寒さ自体」も、健康に被害を及ぼします。
英国保健省の冬期室内温度指針では、部屋の温度が16℃未満になると、呼吸系疾患や心臓疾患などのリスクが高まるとされています。

ご家族が健康であるためには、住宅内の「寒さ」が健康を害する事実とその改善策について、関心を持たれることが大切なのです。