積雪によって、あなたの家が壊れない限界は

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

ニュースでは、
東京が大雪になりそうだと
盛んに報じられている。

下は、tenki.jpが
報じているもの

 

積雪と
建物強度の関係について
説明すると!

 

雪に対する
建物強度の計算方法が
地域ごとに決められている。

建築基準法施行令86条に
定められた積雪荷重というもので

積雪高さ1cmごとの重量を
20N/m2(多雪地域以外の規定値)
として、
その地域の積雪量を乗じて
屋根に乗る積雪荷重が求められる。

積雪量は
50年に1度の
大雪の積雪量をもとに
特定行政庁が指定する。

例えば、
東京都区部では
積雪量が30cmと
定められているので、

設計積雪荷重は
20N/m2に
30cmを乗じた
600N/m2となる。

 

600N/m2というのは、
屋根1mx1mの面積に
60kgの重量が載っても
大丈夫なように
設計しなさいということ!

 

雪の重さを
20N/m2としているが、
これは、新設の重さであって、
雪解けして、
水を含んだ雪はもっと重い。

豪雪地帯は、
重量を30N/m2で
計算することになっている。

 

一宮市は、条例で
設計積雪荷重を
20N/m2の雪が
最大積雪量30cmで
600N/m2としている。

 

これは、
東京の都市部と
全く同じ数字!

 

つまり、
建築基準法が守られた
一宮市内の建物であれば、
30cmの積雪までは、耐えられる。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です