一宮市と共に耐震と防災で地域貢献

本町アーケードを中心に3日と4日に「イタリアフェア」が開催されました。
市内19社の建築会社のグループである一宮地域保全協議会でブースを出展させていただきました。
企画運営は、会の事業委員長である私の仕事でした。
イタリアフェアの副題が東北震災でしたので、災害に備えるをテーマに耐震体験のストローハウス、耐震相談、非常食販売、防災用品紹介、家具固定相談などのコーナーを設けました。

ストローハウスは、ストローを使って柱の強度など実験したり、紙で壁面の強さを実感できるなど、耐震意識を高めるには絶好のブースです。
多くの家族連れで賑わって、
予想以上の反響で大盛況でした。
企画した私としては、責任を果たせたような感じです。

三連動地震が警戒される中、多くの方々に我が家の耐震性や地震に対する備え を考えていただく機会を持っていただけたかと思います。
写真: 昨日、一昨日のイタリアフェアでは、災害に備えてと題して、耐震相談、ストローハウス、家具固定相談、非常食の試食等の開催させていただきました。予想以上の反響で大盛況でした。お手伝いいただき皆さん、足を運んでいただいた皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。今日も後片付けやら、お世話になった方々への連絡で追われていました。やっと一段落、仕事しなきゃ(^-^)

写真: ‎本町アーケードを中心に3日と4日に開催中の「イタリアフェア」。この中のブースとして、一宮地域保全協議会が耐震体験コーナーを出品している。建築会社のグループで、ストローを使って柱の強度など実験したり、紙で壁面の強さを実感できるなど、耐震意識を高めるには絶好のブースとなっている。3日も多くの家族連れで賑わった。三連動地震が警戒される中、ブースを訪ねて我が家の耐震性や地震に対する備えを考えてみてはいかが?。‎