ドアメーカーさんが、住まいるぎゃらりーの撮影をされていかれました。

住まいるぎゃらりーで採用しているのは、神谷コーポレーションのフルハイドア。

移動ショールームと共に来社されました。そして、住まいるぎゃらリーの写真撮影をされていかれました。

 

 

このフルハイトドアの特長は、なんといっても天井までの高さ

 

「フルハイトドア」は、2009年に高さ2,600mmの高さまである室内ドア「フルハイト2600」を標準設定のラインナップに加えています。
現在、一般的な住宅の天井高は、2,400mmと云われています。「フルハイトドア」は、それ以上の住宅設計においても下り壁を必要とせず、
標準設定内であれば、開放的な空間づくりをお手軽に実現することができます。

 

「フルハイトドア」は、床と天井をつなぐことから、シンメトリーなデザインを強調する
スルーガラスとの相性がよく、シャープで幻想的な光が描かれます。

「フルハイトドア」は、2009年に高さ2,600mmの高さまである室内ドア「フルハイト2600」を標準設定のラインナップに加えています。
現在、一般的な住宅の天井高は、2,400mmと云われています。「フルハイトドア」は、それ以上の住宅設計においても下り壁を必要とせず、
標準設定内であれば、開放的な空間づくりをお手軽に実現することができます。