注文住宅を断熱にすることが健康住宅につながる理由とは?

最近では、人の暮らしだけでなく、家自体も健康に保てる健康住宅が注目されていますよね。
健康住宅を実現するための方法として、家を断熱にする事が挙げられますが、具体的にこれらにはどのような関係があるのでしょうか。
今回は、注文住宅を断熱にすることが健康住宅につながる理由について解説します。

□身体を健康に保てる理由とは

まず健康住宅であるためには、住んでいる人の身体の健康に配慮されているという点が重要ですよね。
家を断熱にするということは、こうした身体を健康に保つことにもつながります。

そもそも断熱性能が備わっている家では、室内の熱が外へ逃げにくいため、涼しさや暖かさを保ってくれます。(室内の温度が外気の温度変化に影響を受けにくくなるため)
したがって、夏は比較的涼しく、冬は暖かく過ごせるでしょう。

さらに家を断熱にすることは、部屋間の温度差を小さくすることが可能です。
もし断熱性能が備えられておらず、部屋間の温度差が大きい場合には、ヒートショック発症のリスクが高まりますよね。
ヒートショックは、心筋梗塞や脳卒中、さらに脳梗塞を引き起こす原因にもなりかねない大変危険な症状です。
つまり家を断熱にするということは、こうしたヒートショックの対策にもなり、健康リスクを減らすことにもつながるでしょう。

□家を健康に保てる理由とは

先程は、家を断熱にすることが身体の健康につながる理由についてご説明しました。
ただ、健康住宅は人の身体を健康に保つことのみに特化した家ではありません。
健康住宅は、人の身体の健康に加え、家本体も健康に保つ必要があります。
では、家を断熱にすることがどのように家の健康へとつながるのでしょうか。

先程もご紹介したとおり、家を断熱にすることは、室内の熱を外へ逃げ出しにくくする働きがありますよね。
したがって、比較的控えめに冷暖房を使用していても家全体を一定の温度に保ちやすくなります。
つまり、家を断熱にすることは効率の良い冷暖房を可能にしてくれるため、家全体を長持ちさせることにつながります。
また家が長持ちすることで、建て替えが必要が回数が減るため、環境にも配慮できますね。

さらに当社がご用意する断熱材は、結露しない構造になっているため、家の老朽化を早めるのを防止しています。

□まとめ

今回は、注文住宅を断熱にすることが健康住宅につながる理由について解説しました。
健康住宅は人の健康だけでなく、家と環境の健康にも配慮された家です。
こうした観点から見ても、家を断熱にすることは健康住宅を目指すにあたって重要な要素を含んでいると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です