住まいる考56 住まいの安心・安全 自分の家の強さを知る③

住まいの安心・安全 自分の家の強さを知る③

前回は、建築基準法で定められている耐震基準についてお伝えしました。
今回は、地震に対する住まいの強さをあらわす評点を高めて、
被害を少しでも軽減していく耐震改修を取り上げていきます。

まず大切なポイントとして、それぞれの住まいに適した耐震改修がありますので、
耐震診断を踏まえてからお考えください。
耐震改修の例をあげていきます。
既存の壁を補強するとともに新しく耐力壁を設置する、
基礎や土台を補強して住宅全体の耐震性を高める、
屋根を瓦から金属屋根に葺き替えて上部を軽くする、などがあげられます。
最近は、二階部分を解体して平家の建物とするような減築という事例も出てきました。

地震によって、わずかな変形や傾きが生じただけであれば、住宅は元の形に戻せます。
けれど、その変形や傾きが大きくなれば、修復する事が難しくなり、その費用も大きくなります。
地震が起きてしまった場合には、事前の耐震改修のほうが費用も安くすみます。

私の願いは、皆様が、ご家族とお住まいを地震から守って、安心・安全に暮らしていただく事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です