住まいる考1 結露に負けない冬

結露に負けない冬

毎年冬になると、「結露が悩みの種」というお宅はありませんか?

結露は、湿気を含んだ暖かい空気が
冷たいものにふれて発生する現象です。
暑い夏の日に、冷たい飲み物をグラスに注ぐと
グラスの表面にはたくさんの水滴がつきますね。
これが結露発生のメカニズムで、
年間を通して発生する「住まい」の大敵なのです。

結露の発生場所として目につきやすいのは
窓ガラスや押入れの中ですが、
最も恐ろしいのは、壁面とその内部に発生した
結露です。これらに気づかずに放っておくと
カビやダニの発生源となるだけでなく、
柱を腐らせて住宅の寿命を縮める原因に
なることもあります。

では、どうしたら住宅内の結露の発生を
おさえることができるのでしょうか。

一般的な住宅の場合には、
内部の水蒸気を減らす工夫が必要です。
石油ストーブなどの、炎を燃焼させる暖房器具は
熱と同時に水蒸気を発生させますので
使用場所に合わせた暖房方法を考えましょう。
また、最近では従来のアルミサッシの内側に
樹脂製のサッシを取り付けて改造する方法も
効果をあげています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です