高断熱住宅だから熱中症にならないというわけではない!

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

昨日は、
多治見で38.6度
今年最高を記録した!

10日は午後6時までに
35℃以上の猛暑日に
なったのは全国921観測点中、
今年最多の177地点に上った。
30℃以上の真夏日は661地点!

一宮市は、
30.2℃で真夏日だった。

今日は、
仕事だった人も
おられると思うけど、

関東圏では
熱中症警戒アラートが
昨日に引き続いて出ていた。

東海地方には、
この制度自体がないけど、
一宮あたりは、危険地帯(^-^;…

一宮も危険だと
一律に言ってるけど
過ごしている部屋の環境によって
ぜんぜん違うんだけどね  (^▽^)

外の熱は、
屋根、外壁、窓、基礎から
室内に侵入してくる (TOT)

室内では、
家電用品、調理中の熱、
人やペットの体温などが
室温を上げる原因になる。

つまり、
室内の温度を
管理するには、
断熱性能を高めて

外からの
熱の侵入を
防ぐのが大前提
になる。

それに加えて
室内で発生した熱を
外に逃がす工夫をするの重要!

熱を外に
逃がす工夫とは、
換気や通気をすること

高断熱だから
快適だというわけではない。

熱を
逃がす換気や通気、
そして、熱を部屋に
入れない日射の制御を
考えなくてはいけないo(^o^)o

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です