人生100年の時代に重要度を増していくのは、住まい

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

日曜の朝
隔週で行なわれている
朝活「あんのみ」に参加した!


笹のみさんの
カレーモーニングを
食べながら、


ウェブの情報発信について
あれこれと
気軽に話し合う座談会

 

主催者の柴田さんは、
WEB構築のプロ(^.^)

 

隣りに座ってた
常連の平田さんが、
僕のために
持ってきてくれたのが、この本

 

平田さんの話によると
「LIFE SHIFT
100年時代人生戦略」
に書かれているのは、

 

過去200年間、
平均寿命は伸び続けてきた。

予測では、
2107年には
主な先進国の半数以上の人が
100歳よりも長生きするという。

80歳程度の平均寿命を前提に
〈教育〉〈仕事〉〈引退〉
の3段階で
考えてきたライフプランを
考え直されなければならない。

 

 

人生が100年だとすると
65歳定年は早すぎる。

80歳まで働く覚悟が
必要だということ。

 

人生は、
教育や身体を健康の保つ
地域との関係をつくるなどの
無形固定資産がある
という視点も重要になる。

 

こうした無形固定資産が
仕事をやっていく上で大切で
それが有形固定資産である
お金を作りだす。

 

住まいも
変わらなくてはいけない。

 

80歳まで
からだと頭脳とこころを
保つことができる住まいを
多くの人が求めるようになる。

 

これからは、
在宅勤務の人も増えて
住まいでの快適性も
ますます重要になり

地域コミュニティとの
つながりを持てるような
住まいの形にもなっていくの!

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です