クロゼットの用途によって最適な扉は違ってくる

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

毎日、暑いね!

熱中症には
くれぐれも気を付けてね(^O^)

暑さのせいではないけども、
マンション住まいのお客様から
緊急に見てほしいって依頼が(^_^)

差支えないと
思われる範囲で
写真を載せてるけど、

クロゼットの扉が、
外れてしまったので、
直したいというご相談!

本来は
下のような
クロゼット折れ戸

出典:大建工業 クロゼット折れ戸

外れた扉が
床に置かれていて
部屋を占領していたので
とりあえずお預かりしてきた。

こちらに
使われていた金物が
あまり丈夫ななものでは
なさそうなので (TOT)

今後どうするか思案中(^.^;…

クローゼット扉って
どんなのを連想されるのかな?

折れ戸が思い浮かぶ?
それとも、開き戸、引き戸?

引き戸というのは
下の写真のような建具!

クロゼットの
用途によって、
おすすする扉の種類は
違ってくる (^.^)

もし、
棚板を付けて
布団を入れるなら
引き戸をおすすめしている。

だけど、
扉の開閉が面倒ならば、
扉の無いクローゼットの方が
ストレスの原因を減らせるけどね(^-^)

目隠しの
カーテンでも
まったく支障はないと
思うんだけどね (o^-^o)

今回の修理は、
ベットの脇なので
地震で扉が倒れるのも
心配ということで、

そんなことも考慮して、
どうすれば、
最適なのか
思案のしどころ (o^v^o)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です