一宮の注文住宅は、なぜアレルギー対策が重要なのか

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

環境アレルギーアドバイザーの
支部長と秘密会議をしてきた(^o^)

秘密会議の内容は、おいおいと
お伝えすることになるけどね(^v^)

僕は
環境アレルギーアドバイザーの
資格を取って何年になるんだろう(^_^)

対面の人にしか
住まいの
アレルギーの問題を
話してこなかったから
知らない人も多いかな!

一宮って
濃尾平野でも
一番奥に位置していて

夏の湿気が
ものすごく高いんだよね

湿気が高いと
カビ・ダニが多いんだよ

カビ、ダニが
多いということは
それがアレルゲンとなって
人の体に影響を及ぼす(;-;)

カビもダニも
気温25〜30℃で
湿度60〜80%の条件で
繁殖が加速すると
言われている。

換気を
制御できる家だと
湿度を抑えてくれるから
カビ・ダニが好む湿度に
ならないんだけどね

換気をしないのも
からだに良くないし、

窓を開けて外の空気を
いっぱい取り込むと

部屋の中の湿度が
高くなってしまう!

そうすると
カビやダニが増えて
アレルギーを
引き起こす原因になってしまう

カビやダニが
アレルギーや小児ぜんそくの
原因になることが
認知されるようになって、


30~40代で
小さい子どもがいる人の
対策意識が全国的に高くなってきた

蒸し暑い一宮で
健康に配慮して
暮らそうと思ったら
換気がコントロールできる
家にする必要がある

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です