信長塀は460年!でも、ブロック塀の寿命は短いから注意を

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

夏越大祓いの
直前の時期なので
午前中に熱田神宮を
急いで参拝してきた(^O^)

雨が上がった
直後だったので、
参拝の方も少なくて、
清々しい気分\(^.^)/

有名な信長塀!

1560年の
桶狭間の戦いのお礼に
奉納されたのが信長塀!

1560年に
造られた塀なら、
460年経ってるってこと(^^)d

補修もされて
いるんだろうけど

近年、多用されてきた

ブロック塀とは大違い(^.^;…

ブロック塀の
寿命の目安は

たった30年!

そのうえ、

設計基準を
満たしていない

地盤が弱い

植栽の根が基礎部分に
負荷を与えている

交通量が多い

など
様々な要因で
劣化が早まる(;-;)

すでに、
傾きやぐらつき、
ひび割れなどがあるなら
耐震性は弱まっている(TOT)

また、

土留めとして
設置されている

鉄筋の配置が不適切

透かしブロックが
多用されている

元々あった塀の上に
継ぎ足しされている

といったものは、
完成時点ですでに
強度に問題がある。

経年劣化で
さらに強度は弱まる。

街を
歩いていると
危険を感じるのを
目にすることも少なくない。

ことが
起こってしまう前に
何らかの対応をしてほしいなぁ!

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です