こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

今日31日からは、
七十二候
雷乃発声
(かみなりすなわちこえをはっす)

 

季節の変わり目は
大気が不安定になりやすい頃。

丁度今の時期から
遠くで雷が鳴り始める、
ということをあらわしている

 

ここのところ
ずっと春らしい過ごしやすい
さわやかな天気が続いていて、
大気が不安定なんて
感じではないけど(^O^)

 

そんな雷は、
建物や家電、人に
被害をもたらすから
あまり良い印象がない。

 

大和言葉では
「神鳴り」

雷は
神が鳴らすもの
と信じられていた。

鳴らなければ、
雷ではない。

 

雷神が
太鼓を背負って描かれるのは、
こんな理由から

 

雷鳴は、
雷が地面に落下したときの
衝撃音ではなく、

放電現象が発生したとき
放たれる熱量によって、
まわりの空気が急速に膨張し
音速を超えた時
の衝撃波なのだ!

 

そんな巨大なエネルギーに
よって春を告げに来る!

 

落雷による死亡事故は、
ほとんど外で起きる。

住宅に落雷して
火災が起きることは
話題にならない。

 

雷が原因の住宅火災は
2003年からの5年間で
東京消防管内で28件、
住宅以外も含めると58件
発生している。

 

落雷による火災も
さることながら、
電線や電話線、光ケーブルなど
外部から引き込まれる線には
注意が必要です。

 

テレビやパソコン、冷蔵庫など、
コンピュータを内蔵した
電気機器が増えてきたため、

少し遠くの電柱に落雷し、
電線から高圧電流が流れ、

少しの過電流でも
故障する可能性が
高くなった。

 

気になれば、
電気ブレーカの所に
渦電流防止装置を
設置すると安心!

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です