仮設住宅でさえも快適な居住性を満足できる木造が主流に

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

先日の一級建築士の定期講習で
木造仮設住宅に関する話題があった。

今日はその話題を!

 

建築士は、
3年毎に定期講習を
受けることが義務になってる。

 

この三年間の出来事して、
東日本大震災発生後に
つくられた仮設住宅が

今後の建築士の方向性を
示すものとして
取り上げられてた。

 

仮設住宅のも居住性が必要に

東日本大震災の後。
多くの仮設住宅が造られた。

当初は旧来型の
雨露をしのぐことを
目的としたプレハブタイプが
供給されていた。

居住性が問題になって
仮設住宅ですら、
省エネで健康的に暮らすことを
目的で造られた
木造住宅タイプに変更になった。

この居住性が
高い仮設住宅に
取り組んだおかげで
今後は、
省エネで健康的な仮設住宅を
供給できるようになったって!

 

 

現在は、
それを移転、
再利用する場合の研究が
されているって。

 

プレハブ製の仮設住宅は
居住性が劣るので
空いた木造仮設住宅に
入居者に移ってもらっている。

 

木造仮設住宅を
分解移転する研究も
すすんでいる。

仮設住宅の再利用!

 

これも
資源を無駄にしない取り組み

資源・エネルギーを
無駄にしない生活は、
我々が取り組まなくて
はならない大きな課題だから!

言うまでないが、

異常気象をなくすために
パリ協定が結ばれて、
世界中の人々が取り組んでいる。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です