建築士の求められるものと法律は変わっていきます

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

昨日、
一級建築士の定期講習に
参加した話を書いたら、
興味を持ってもらったので!

建築士は、
3年毎に定期講習を
受けることが義務になった。

耐震偽装事件なんて
いうのがあったから(^o^;…

 

この定期定期講習は、
3年ごとに受講することに
なってるから、

講義内容は、この3年間に
法律が変更になった話や、
建築士に求められることが
変わってきた話が中心。

主なところでは、

1)耐震に関する法改正の話

耐震偽装で
審査を厳しくしたら、
いろいろと不都合が
出てきたのでやり方を変更

 

2)省エネ化に対応した法律の話

異常気象に対応すべく、
パリ協定がまとまって、
日本の建築物も
エネルギーを使わないことが
求めれてる話。

これは得意なので
聴く必要もなかったけどね

 

3)新業態や施設に
対応した法律の話

「認定こども園」とか
「インターネットカフェ」
「サービス付き高齢者住宅」
「セレモニーホール」など
新業態ができてきて、
これまでの建築物では
分類できないものが
増えてきている。
ダンスホールが、風営法から
外れたからというのもね

 

4)処分された建築士

建築士なりすましも
未だにあるみたい(^_^)

この定期講習を
受講しなかった一級建築士が、
57名も処分されたって(^_^;…

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です