七十二候「菜虫化蝶」 春が早く訪れる家なら、家族も幸せ

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

今日からは、
七十二候「菜虫化蝶」
(なむしちょうとなる)

啓蟄の末候に変わり
菜虫が蝶になり
飛び交い始める頃

菜虫とは
ダイコン・カブ・ハクサイなど
アブラナ科に属する菜類を
食う昆虫の幼虫の総称

この時期は、
サナギとして厳しい冬を
乗り越えた青虫たちが
蝶になる頃

菜の花が咲いて
蝶が舞い始めると
いよいよ本格的な春の到来♪

 

今日は、
朝から冷たい雨が降って、
雨が上がったと思ったら
冷たい風が吹いて
春の到来って感じではないけど

 

一雨ごとに
春らしくなっていくんだろうな!

 

畑を荒らし
害虫と呼ばれ
嫌われていた幼虫は、
冬の時期にさなぎとなり
じっと寒さを
こらえて越冬する。

 

人も冬の間、
家の中でじっと我慢して、
越冬されていた人も
多いのかもしれない。

 

日本の住宅は寒いからね!

 

家族が
越冬しなくてもよい
住まいを
つくる必要があると思う

やっぱり、
太陽熱を利用して、
外の気温が低くても
家の中は温度が安定している
住まいだと
家族は幸せなんじゃないかな

家族が
冬眠しなくても良い家で
元気に暮らすことで
幸せがよってくるのだと思うよ

 

幼虫も
暖かくなり始めると
1週間ほどで羽化する。

蝶へと生まれ変わり
ひらひらと美しく舞う姿は
まさしく春(^-^)

 

春が早く訪れる家は、
家族が、
美しく羽ばたいてくれる家\(^-^)/

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です