こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

今日は、
木造住宅のリノベーションの
断熱設計をしていた。
こんな形の建物!

img 5a88093058ee6

 

昭和58年に
建てられた立派な木造住宅

無垢の床材や
木格子の玄関戸など
見た目は本当に立派な家

でも、残念ながら、
居間の基準からすると
耐震性も低くとても危険状態。

 

本題からそれるけど
平成12年以前の建物は、
耐震性はグレーだから気をつけて!

 

昭和56年以前の建物は、
ブラックだけどね(T.T)

 

今日は、
耐震診断の結果を見ながら、
断熱改修の設計をした。

上の3D画像は、
断熱改修後の各部分の
断熱性能を色分けしたもの。

 

真ん中の
真っ青の部分が、
現在、立派な玄関戸が
はまってるところ。

 

これを
作り変えると
随分と費用がかかるし
思う入れもあると思うから
変えないだろうなと(^_^;...

 

2020年から
新築住宅の断熱性能が
義務化される。

 

義務化というのは、
H28年省エネ基準
という基準を超える住宅しか
建てられなくなる。

 

そして、
2020年以降は、

この基準を
満たしていない住宅は、

不適合住宅と言って、
増築時などにこの基準以上に
することが求められるようになる。

愛知県は、断熱地域6に
分類されている。

6地域の
H28年省エネ基準は、
UA値=0.87以下

img 5a880f32af000

 

HEAT20G2基準と
いうのが
当社の数年前からの
新築時の推奨省エネ基準で

新築時の最低基準を
HEAT20Ḡ1基準としている。

 

今回の
設計値は0.77なので
H28年省エネ基準に
適合できそう (^.^)

 

2020年以降も
不適合住宅と
言われないで良さそう\(^-^)/

 

現在の状況はと言うと
Ua値=3.00

これでは寒くて
断熱改修をしたいと
言われるのは分かる。

 

img 5a880dd56f6a8

 

今回のリノベーションで
熱が逃げていくのを
74%減らすことができる。

 

年間の光熱費換算すると
現在の状況で
健康的に暮らそうとすると
年間52万円が必要になる。

リノベーション後は、
年間30万円になって、

毎年22万円、
光熱費が削減できる。

img 5a880c84e506b

img 5a880cc4d1347

 

光熱費の
シミュレーション結果を
提示すると
多くの人が、
暖房費はこんなに
使わないと言われる。

この金額は、
健康的に暮らすために
必要な光熱費を示している。

 

光熱費が高いから、
多くの人が我慢している!

 

その我慢のツケは、
ご家族の健康が
犠牲になっている。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。