床と室温のバリアフリーで介護対応リノベーション

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

リノベーション工事が
完成間近なので
チェックに行ってきた。

お引渡し前の
ハウスクリーニング中!

 

分かりにくいけど、
玄関のスライドドアのレールを
掃除している。

 

これだけで
普通の家と違うことに
気づいたんだとしたら、
あなたはプロなのかな!

凄いね♪

 

外からのスロープと
玄関、
そして部屋が段差なく、
繋がっている。

 

トイレと洗面は、こんな感じ。

すべて、
車イスで移動して、
使用できるようになっている。

 

こちらは、
30年ほど前に
いわいハウジングで
新築させていただいたお住まい。

 

今回は、
ご主人が体を悪くされて、

車いすでも
生活できるようにする

リノベーションの
ご依頼をいただいた。

 

段差や手すりの設置などは
福祉住環境コーディネーター資格を
持っている当社の専務の設計。

 

見た目では、
見た目ではわからないのだが、

便器や洗面を取り換えて、
段差をなくし、
手すりを付けただけではない。

 

介護対応リノベーションの
重要なポイントは、
断熱改修にある。

 

生活空間である
寝室とキッチン、リビングと
トイレ、洗面、風呂などの
水回りの間の温度差が
小さくなるように
断熱改修している。

 

そのために
壁や窓を新たに設置している。

 

部屋と部屋との
室温の差をなくして、
温度のバリアフリー化を
行うことも

介護対応リノベーションの
重要なポイントになる。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です