エアコンの設定温度とあなたが感じる体感温度は違うのを知っていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士

住まいる設計士 いわくにです🎵

 

台風が去って、今日は、

過ごしやすい日になりました。

まだ、しばらくは、残暑に

お気を付けください。

 

先日、テレビを見ていたら

番組内でこんなのをやっていました。

28度設定は快適だと?

クールビズの

エアコン28℃設定は、

快適だと思いますか?

 

番組では、50年前の研究に基づいて、

28℃設定に決まったと言ってました。

img_20160904_1454150.jpg

 

しかし、

気候変動に関する国際連合枠組条約

により、

温室効果ガス(二酸化炭素等)の

削減を迫られた日本政府が

国民に負担を求めたのが、

クールビズです。

 

第二次世界大戦中の

「ぜいたくは敵だ」という標語と

何も変わっていません。

 

日本政府は、国民に精神論で

乗り切れと国民に負担を

求めているのです。

 

企業というのは、他企業と

シェア争いという戦をしています。

なので、生産性をあげて、

海外のライバルとも戦って

いかなくてはなりません。

 

なのに、日本政府は、企業に対して、

暑さは我慢してほしいと

ハンデキャップを課して、

海外の企業に負けないように

頑張って欲しいと言っています。

 

精神論で頑張ってほしいと

言っているわけです。

勝てるのかなぁ^-^;アハハ…

 

クールビズが、出てくる前は、

企業は、生産性の上がる体感温度

追求していました。

 

大阪瓦斯の研究で体感温度24℃

いう研究がありました。

img_20160904_145437.jpg

番組内で紹介していた

世界のオフィスの室温をみると

人間の生産性の上がる温度に

なっているようです。

 

番組内では、エアコンの設定温度と

なっていますが、

エアコンの設定温度と室温と

人の体感温度は、違うものです。

 

エアコンの設定温度は、

センサーの温度で室温と

異なっている場合があります。

 

人の体感温度というのは、

室温と部屋の床・壁・天井の温度の

平均値です。

 

だから、

室温が同じでも断熱性能の

高い建物とそうでない建物で

体感温度は5℃ぐらいは、

簡単に変わってきます。

 

エアコンの設定温度が

同じ28℃でも体感温度は

25℃から33℃まで差が

あることが想像できます。

 

性能の高くない建物で

設定温度28℃を強要する会社は、

やはりブラックですかね(^-^;…

 

これでは、他の会社に

立ち向かえないのに

精神論で乗り切れと(^o^)

 

本来だったら、

エアコンの設定温度を上げても

快適な体感温度になるように

事務所の建物の性能を上げてくださいと

国が言うべきだったと思います。

 

断熱性能をあげれば、

断熱工事の費用は掛かりますが、

光熱費でその費用は回収できます。

 

体感温度が安定して、生産性があがり

業績がよくなれば、おつりがきます。

 

あなたの家も同じことが言えます。

断熱性能が高い家だったら、

光熱費もかからず、

体感温度が安定するため

お子さんも

もう少し集中してくれるでしょう。

 

授業料の安い学校に行ってくれたら

十分に元が取れます。

 

カビダニ等のアレルゲンも減って

医療費が減ることまで加えると(^_^)

 

体感温度が安定して、

アレルゲンの少ない健康省エネ住宅で

国から補助金200万円が支給される

健康省エネ住宅をつくりたいかたの

モニターの募集の準備をしています。

健康省エネ住宅とは

 

「無料相談会に参加したい」と

お電話ください。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ
にほんブログ村

住まいる設計士いわくにのブログ