地震から住まいを守るために必要な耐震強度を知っていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

昨日、
リノベでも耐震等級3相当に
できるって書いたけど!

耐震等級って
知ってるのかな?

耐震等級は、
地震に対する構造躯体の倒壊、
崩壊等のしにくさを表すもの🎵

耐震等級は
1から3まであり
最も低い耐震等級1は

数百年に
一度発生する地震の
地震力に対して倒壊、崩壊せず、

数十年に
一度発生する地震の
地震力に対して損傷しない程度!

建築基準法で
定めれれている強度が
この耐震等級1になっている。

耐震等級2は、
耐震等級1で耐えられる地震力の
1.25倍の地震に対抗できる性能

耐震等級3は、
耐震等級1で耐えられる地震力の
1.5倍の地震に対抗できる性能

建築基準法で定められた
耐震強度を1.0とした場合の
強度と地震の被害の関係は、
以下のようだといわれている。


建築基準法の
強度である耐震等級1では、
住んでる人の命は守れるが、
住まいは守れないことがわかる

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です