吹き抜けがあるのに構造計算書がない建物は、とっても危険

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

安全性を
確かめていない
住まいって怖くない?

例えば、
もしピアノや
大量の本などを
運び入れたら?

建物の一部に
大きな負荷を
かけても大丈夫なのかって!

強度不足で
床がたわむ心配は???

自然災害などの
リスクを高める原因にも

もし、
吹き抜けや
スキップフロアを設けたら!

吹き抜けや
スキップフロアを設けると

地震の横揺れを
建物に均等に伝えることができない。

だから当然、
地震に弱い建物になる。

なので、
構造計算によって、
耐震設計をして、
強度を計算したうえで
耐震等級を算定している。

簡易チェックでは
吹き抜けやスキップフロアを
考慮できないので、

考慮しないまま、
合格にしたりしてる。

構造計算すると
不合格になるような
間取りもまかり通ってしまう(T.T)

ちゃんと安全を
確認した住まいで
安資して暮らしてほしいなってね

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です