あまり関心を持たれないけど、最適なエアコンを選ばないと損をする

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

国が2050年の普及を目指している
LCCM認定住宅を一宮市赤見で建設中!
一宮でも2050年の暮らしを始めるご家族が。

一昨日と昨日は、京都に行ってた!
去年、ヨーロッパまで
最新住宅視察に参加して仲良くなった
人たちとの同窓会だった(^.^)

皆さん、
レベルが高くて、
学びがいっぱい\(^-^)/

メンバーの
京都の社長が、
うちの仕事を見に来るかって
誘ってくれて、皆で参加してきた。

なかなか見られない
とってもいいものを
見せてもらったo(^-^)o

その話は、
近日中に書くので、こうご期待!

京都に
出かける前にやってたのは、
クーラーの取り換え工事!

ここのところの
熱波で壊れてしまった(^_^;…

エアコンの職人さんは大忙し!

エアコンって、
最適なサイズのエアコンを選ぶと

十分なパワーで過ごしやすい温度を
キープしてくれる。

エアコンって
フルパワーで稼働するときが
一番エネルギーを使うから、

余裕のある大きさの
エアコンならば
電気代も少なくて済む

電気代が
少ないということは、
使っているエネルギーも
少ないので、地球にやさしい

フルパワーで
常に稼働させたら
機械としての寿命も短くなる

だから、
最適な大きさのエアコンを
選ぶといいことづくめ\(^-^)/わ~ぃ

ならば、
どうやって選べばいいのかって

建物の断熱性能がわかれば
最適なエアコンのサイズが計算できる(*^^*)

今回は、
築50年の木造住宅の
14畳の部屋のエアコンを取替えた(^O^)

このエアコンって、
現在、建築中の
LCCM認定住宅でも使われる。

LCCM認定住宅とは、
ライフ・カーボン・サイクル・マイナス・ハウス

この家で生活することで
大気中の二酸化炭素削減に
貢献できる家のことo(^o^)o

今回、
14畳の部屋用に
取り付けたエアコン1台が

120畳のLCCM認定住宅では、
全館の暖房に十分な大きさ(^o^)

最適なエアコンの大きさって
これほどまでに違うんだよ!

床下に
このエアコンを一台設置して、
床暖房の快適さを実現させる。

建物の性能と
ちゃんとした設計をすると
いかに省エネで地球に
貢献できるかという話
最適な住宅設計と
最適なエアコンを
選ばないと損をするよ(^_^)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

無料相談会を開催しています。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です