長く愛される、本物の家でよかった!

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目 一級建築士
住まいる設計士 いわくにです🎵

 

復興大臣が
「東北でよかった」と
発言して、

事実上の更迭されたと
世間では騒がれています。

その失言を逆手に取って、
ネットでは、

「心の底から 東北でよかったと」
ネット投稿されているとか

 

わたしも失言をして、
お客様に誤解をされることがあります。

 

「塗装されていない
無垢の床材なので
良かったと」

 

お客様によっては、
手抜きした材料と
とらえられる方があります。

 

木が腐っていく状況を
想像されて、
無塗装だ腐るのではないかと!

 

本物の木の良さをしらない方が
増えたのかもしれません。

 

加工された人工的なものを
好まれるのかもしれません。

 

機能性で付加価値を
高めた化学繊維と
綿100%の
下着の違いかもしれません!

 

自然素材を使った住宅は、
築60年を過ぎても

『古民家』として
重宝されています。

 

 

最低限のリフォームを
して使われている様子は、

住まいに対する敬意が
伝わってきます。

 

一方、それなりの材料を使い、
適切なメンテナンスを
行わなかった住宅は、

築20年で
資産価値ゼロとみなされています。

 

今後、建物の省エネ性も
重視されるとなると、

性能評価による差別化が
進むことでしょう。

 

資産価値にも
大きな差が出てきます。

 

せっかく建てるのですから、
快適に暮らせるのはもちろん、

長く愛され、
本物の材料をつかった
資産価値を維持できる家を
目指したいですね。

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。