そのやり方では失敗します!失敗しない住まいづくりの秘訣

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

名古屋大学で
研究発表して先生から
認定証をいただけた(o^-^o)

以前、
名古屋大学で
講演させていただいた
健康住宅の市民講座に
比べれば、緊張感もなく
とっても良い発表になった\(^-^)/

自分でも
勉強熱心だと思う。

自分でも
言うのもなんだけど、
僕はトップレベルの先生に学んでいる。

健康住宅は、
トップレベルの知識を
維持していると自負している。

実際に
仕事をしていると
中途半端な知識を
押し付けてくる人がいる。

ネット検索を
駆使した情報をもとに

断熱はコレ、
外観はコレ、
内装は・・・なんて

細かく
指示してくる人がいる。

せっかく
注文住宅を建てるからと
知識を付けようとする気持ちは
評価すべきだろうが く(^.^)ノ

そのやり方では、
間違いなく家づくりに
失敗する。・゚゚・(×_×)・゚゚・。

損したくないと
思っている人だと思うけど
凄ーく損をしている(;>ω<)/

なぜかというと

例えば、
おいしい料理を食べたい時に

こだわりの食材を
美味しく料理するお店を
ネット検索で探して訪ねると思う。

その時、

お肉はコレで、
野菜はコレで、
火加減は・・・なんて

あれこれ細かく注文しないはず!

なぜなら、
シェフにお任せした方が
おいしい料理ができると
わかっているからo(^o^)o

それは、
研究熱心なシェフが
美味しい料理にすべく
日々、学んで研究しているから!

僕たちも
学生時代から建築を学んで
仕事での経験で長年学んできた。

基本を
知っているから
希望される理想の
暮らしに合わせて、
適正な材料を使って、
適正な工法で設計して、

適切な提案をするo(^o^)o

使う建築資材の
長所・短所の合わせて、
組み合わせるものも変える。

シェフが
食材の状況に合わせて
塩加減を変えるようにね!

だから、
設計者よりも
知識と経験が
豊富な人でなければ、

材料はこれにしろとか、
コの字のキッチンがいいとか、
階段のアイアン手すりがいいとか、
庭を照らす照明をつけろ、

なんて、
要望の仕方では、
残念な家になってしまう。

失敗しないためには
新居でどう過ごしたいのかを
設計者に理解してもらうことが大切

その考えに
共感できるほど、

設計者は、
プロの知識と
それまでの経験、
持てる技術を活かして、

ご家族の
より良い暮らしを追求する

意欲がますます湧いてくる。

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です