健康に良い空気を取り込めている家と取り込めていない家の違い

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです♧

ストロベリームーン
とってもきれいだったね\(^o^)/

満月になったのは
正確には6月6日4時12分

流石にその時間に
ストロベリームーンを
眺めていた人は多くないのだろうね

月を
眺めるならば、
当然、外に出るから
新鮮な空気を取り込めて
健康的にも
よかったんじゃないかな(^O^)

毎日、家で朝の新鮮な
空気を吸い込んでいる人たちもいる。

早朝の空気が
健康に良いという話は、
昨日ブログに書いた通り!

早朝の
健康に良い空気を

家の中で
吸い込んでいる人と
そうでない人の違いは、
家のつくりが関係している。

朝6時から
10時までの空気は
マイナスイオンが
たっぷり含まれて
とっても健康に良い!

換気性能の
良い家に暮らしていると
マイナスイオンを
たっぷり含んだ空気を
家の中に毎日取り込んでいる。

高性能な換気システムを
導入しただけでよいかというと
それだけではなくて、

建物本体も
隙間がないように
つくる必要がある。

建物に隙間が
あるかどうかは
測定すれば簡単に

調べることができる。

隙間の測定した数値は、
隙間相当面積C値であらわされる。

換気システムのメーカーは、
隙間相当面積C値が0.8以下に
してほしいと言っている。

残念ながら、現在、住宅メーカーで
この数値をクリアしている会社は少ない。

残念ながら
検査をしている住宅会社も少ない。

残念ながら、
新築全棟で検査を
している住宅会社なんて(;.;)

僕は、
日本の住宅をよくするために
住宅会社に検査することを薦めている。

うちの会社の
2019年度の
全棟での平均値は、
隙間相当面積C値=0.25

全棟が0.21~0.28だった


換気システムのメーカーには、
褒められている。

換気システムの性能が
十分に発揮できるからね\(^o^)/

では、
換気システムが
付いていない家や


隙間が多い家は、
新鮮な空気が絶望的かというと
方法がないわけでもない(⌒‐⌒)

その話は、また別の機会に

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です