家族を冬将軍から守る第3の皮膚って知ってる?

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
一宮市の設計工務店 三代目
住まいる先生 いわくにです🎵

 

今日は
寒かったですね!

 

ウェザーニュースが、
土曜日は冬型の気圧配置となるため、
太平洋側では日差しが届くが、

日本海側では雲が多く、
雨や雪の所が
多くなるって予報を出してた。

 

人は
この寒さを
まともに受けると
凍えて命も失えかねない!

だから、
衣服を着こんで
寒さから身を守り、

住まいで
風を防いで暖房して
身を守る。

 

『第2の皮膚』『第3の皮膚』と
いう言葉と知ってる?

第2の皮膚とは『衣服』のことで。

第3の皮膚は『住まい』を指す。

 

もし、

・シックハウスが
原因で体調を崩した

・結露ができやすい

・夏は暑く冬は寒い

・冬は乾燥しやすく、
静電気に悩まされる

といった経験があるのなら、

 

その住まいは、
第3の皮膚としての条件を
満たしていないかもしれない。

20年前の知識と技術では、
これらすべてを
解決できていなかった。

現在は、
素材や性能にこだわり

安全性や機能性を
追求できるようになった。

 

気密性能の高い住まいは、
換気扇が有効に働いて、
化学物質を含む汚れた空気を
外に排出してくれる。

部屋の空気が循環して、
湿気も一緒に排出するから
カビダニのリスクが少なくなる。

 

断熱性能の高い住まいは、
家全体の温度の差が少なくて、
ヒートショックなどの
健康被害を防ぐこともできる。

結露も発生しにくくなる!

 

そして、
無垢の天然木材で
内奏された住まいは、
家自身が呼吸している。

床や壁に使われた木材が、
勝手に湿度を調節してくれる。

気密性能、断熱性能、天延木材により
喘息の症状が和らいだり
まるで森林浴のように
リラックスできる。

心と体に良い影響を与える。

『第3の皮膚』といっても、
優先順位が
3番目というわけではない。

 

第1、第2の皮膚と
同じようにとても大切。

 

来週は、
週前半は冬将軍との闘い

日本列島が
今シーズン最強の寒波に
覆われるらしい

 

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です