家族で過ごす機会の多いこの時期だから、気づいて欲しい住まいと家族の関係!

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤

岐阜街道の材木屋 三代目 一級建築士

住まいる設計士いわくにです🎵

 

お盆休みの方も多いのでしょうね!

いかがお過ごしでしょうか?

 

私は、富山まで行ってきました。

片道215kmを往復しました(^O^)

 

昼食は、回転寿司で地物(氷見の魚)を味わってきました。

富山のすし屋

すしを食べに行くのが目的ではなくて、

各地で講演されているある神社の宮司に

会いに行ってきました。

 

この宮司さんとは、一ヶ月ぐらい前に

不思議なご縁でお話を伺う機会があり、

直接、話したいなと思っていました。

 

といっても、今回、約束していたわけでなく、

にもかかわらず、なんだか、

会って話せる気がして、車を走らせて!

 

神社の前に立っておられる宮司さんに

ご挨拶したら、すごくびっくりされていました。

 

その時間、そこに立っている予定ではなかったのに

なぜか、そんな状況になってしまったって!

 

そのまま、1時間半、いろんなことを質問し

答えていただきました。

 

今の話は、誰にも話してはダメだよって、

間違ってもブログに書いちゃダメだよって!

 

私が、ブログをやっているの、

話していないんですけどね ρ(⌒◇⌒)ノ

 

ということで、この話は、

その時が、来るまで書けません(^O^)

 

不思議なことに、最近、次々と

ご縁がつながっていくのを感じています。

これを読んでいてくださる方とも p(^_^)q

 

 

さて、富山の帰り道に城端サービスエリアに寄ったら、

併設されている桜ヶ池ハイウェイオアシスで

フリークライミングのJOCジュニアオリンピック大会が

開催されていました。

 

小学生が、こんな高いところに体ひとつで

登っていくのには、驚きました。

健全で健康的な家族

両親や仲間の声援をうけて、

健全で健康的な雰囲気に包まれていました

こんな世界もあるのですね!

 

参加している選手の家族の多くが。

ハイウェイオアシス内でテントを張って

過ごされているようで、

ここに参加されている家族は、普段から

コミュニケーションができているんだろうなと

 

住まいづくりをお手伝いする仕事をしていると

いろいろなご家族の関係を見ることになります。

 

以前、あるお客様が、最初に相談にこられた時に

言われたことで、印象に残っている言葉があります。

 

狭いアパートでご夫婦と幼稚園児2人の

4人暮らしだったそのご家族のご主人が言われました。

「狭いからこそ、子供と夫婦の関係が密なような気がする」って!

「家を建てても、この人間関係を維持していきたいんです」って!

 

聞けば、このご主人、大学の哲学科卒でした!

なるほどって感じ(*’-‘*)

このご主人は、住まいが変われば、

家族のコミュニケーションが変わってしまうことに

気づかれていました。

 

そうなんですよね!

ダイニングテーブルの高さと大きさが変わるだけでも、

ご家族のコミュニケーションが変わってきます。

 

私は、ご家族のご要望を聞きながら、

お客様の理想の家族関係に最適な住まいを

見つける作業をしています。

 

住まいづくりのお手伝いをするのが、

私に与えられた役目なのです\(^o^)/

 

いつまでも元気で活躍していただくために

ご家族とのコミュニケーションが大切です(^。^)

 

では、また明日(‘ー‘)/~~