脱炭素社会への準備ができている住宅会社とそうでない会社

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

菅総理が
2050年に温室効果ガスを
ゼロにすると宣言した \(^o^)/

菅義偉首相は、地球温暖化対策として2050年に国内の温室効果ガス排出を実質ゼロとすることを目指す方針を固め、22日、小泉進次郎環境相と官邸で協議した。26日の臨時国会召集日の所信表明演説で表明する予定で、政府内の検討が本格化する。
小泉氏は協議後、50年の排出実質ゼロについて「環境省だけでなく政府全体がそういった方向に進んでいくよう働き掛けを続けてきた。経済社会構造を大きく変革しなければならない」と発言。国民の生活様式を含め、脱炭素化を後押しする政策の必要性を指摘した。

出典:一般社団法人共同通信社

ついに日本も
2050年には脱炭素へ(^O^)

地球温暖化対策計画や
エネルギー基本計画の議論は、
2050年の脱炭素目標になっていく!

これからは、
ゼロエネルギーハウスZEHが
当たり前の世の中になる。

いわいハウジングが
建築する住宅は、基本的に
ゼロエネルギーハウスである。

政府は、
2030年までに
新築住宅の大半を
ゼロエネルギーハウスに
しようとしている(^_^)

いわいハウジングは
既に対応済みであるo(^o^)o


いわいハウジングは、
政府が2050年に
普及させたいLCCM住宅も
施工実績がある o(^o^)o

2050年型住宅を
既に創れる住宅会社は
次は何をすればよいのだろうか(o^v^o)

持続可能な住まいばかりが
建っている日本は幸せだろうな\(^o^)/

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です