コロナ感染拡大で意識が変わった人の7割が持ち家志向に

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

ニュースサイトを
見ていたら
こんな記事が!

新型コロナによる
住まいへの意識調査を
スマートアイデア株式会社さんが
調査された結果が出ていた (^-^)

コロナ拡大前と比べて
住宅購入に対する意識が
「変化した」と回答したのは
全体の12.4%なのだそうだ!

意識が
持ち家志向に
変わった世帯が70.8%

購入を
見送る世帯が29.2%

持ち家志向の
意識変化としては、

「自宅で過ごす時間が
増えたため、快適さを求めて
購入を検討するようになった」

「感染予防のためにも
一部屋が広い家が良い」

といった回答が
多く寄せられたそうだ!

新型コロナによって
暮らし方と住まいに
求めるものが
変わってきている感じがする。

一方で、
購入見送りに
意識が変わった人は、

「景気に影響があり
収入減が予見されているため、
ローンを組むことに
以前よりも慎重に検討している」

という回答が
多かったようだ。

職種や立場によって
二極化進んでいるのを感じる。

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です