害虫を駆除する殺虫剤は、人体にも影響を与える

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

会社の資材置き場に
大きな蜂の巣を見つけた(^o^;…

被害のピークは、
8月半ばから10月半ばだそうで

秋口には、
繁殖に必要なオスの蜂や
新しい女王が産まれる。

それを育てるために
大量の餌が必要になるのに
餌となる昆虫が減ってくるため
気が立っていて、

非常に凶暴に
なっているので
極力近づかない方が良いらしい(^_^)

というので
早速、駆除してもらった。

当然、殺虫剤で
弱らせてから巣を撤去した。

屋外だから、
気兼ねなく噴霧できるが、
室内だったら、躊躇するところ!

今の時期はまだ、
蚊やゴキブリで
悩んでいる方も多いのでは。

置き型の殺虫剤や
くん煙剤を使ったりと、
試行錯誤している方も
いるかもしれない。

困ったことに
殺虫剤の成分は
人体にも影響を与える。

大人よりも
子供の方が影響が大きい。

また、
ペットは人よりも
強い影響を受ける(^_^;…

だから、
殺虫剤を使う前に
その怖さについて知り
正しく使うようになったほうが良い。

殺虫剤には、
害虫の神経を
マヒさせる化学物質が
含まれている。

ほとんどは
時間とともに
分解されていくが、

壁や床が吸収して
蓄積する場合もある。

殺虫剤を
使用する場合には、
注意書きを良く読んで
正しく使ってほしい (^_^)

殺虫剤を使う場合には、
窓を開けて、通風していただきたい。

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です