省エネ・健康住宅にもグレードがあるって知っていますか?

こころとからだが喜ぶ暮らしを💕
住まいる先生 いわくにです☘

営業さんが
省エネ住宅の資料を
持ってきてくれた(^-^)

省エネ健康住宅を
25年間創ってきたから
高性能なのを創れるんだけど(o^-^o)

どう説明すると
分かってもらえるかが難しい!

どんな性能でも
省エネ住宅と言えてしまうので
国が各種の認定制度を創ってる。

取得した認定に
よってグレードがわけられている。

省エネ住宅の
認定をうける場合の
断熱性能が低いものから
順に並べていくと 🎵

認定名称と認定される性能値

1.認定低炭素住宅 Ua値0.87以下

2.認定長期優良住宅 Ua値0.87以下

3.ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)Ua値0.60以下

4.HEAT20 G1グレード Ua値0.56以下

5.HEAT20 G2グレード Ua値0.46以下

6.LCCM住宅

Ua値というのは、
外皮平均熱貫流率の値で
数字が小さいほど、
住居内の熱が荷が逃げなくて
性能が大会ことになる。

各項目の
後ろに書いた数値は、
一宮市内で建てた場合に
認定をうけるための性能値

いわいハウジングでは、
3年前からUa値0.56以下の
住まいしか創っていない。

昨年度
施工した住まいで
もっとも性能が高かったのは
長期優良住宅の燃費から
さらに69%燃費を削減していると
認定された \(^O^)/

昨年度は、
全棟がUa値0.40以下の
住まいしか創っていない。

なぜ、
そんな性能の
住まいばかり創るかというと!

地球環境にやさしく
暮らす人の健康と

お財布にもやさしいから

昨年度は、
国が2050年度に
普及を目指すLCCM住宅を
創った。


国が認定した
番号としては159棟目

なぜ
その性能で建てないのか
不思議に思っている(o^v^o)

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

住まいの無料相談会を開催しています。

住まいについて
相談したいのですが…

と0586-71-3800に
お電話ください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です