土壁づくりの家を断熱改修する時にいつも悩むこと

こころとからだが喜ぶ暮らしを❤
住まいる先生 いわくにです🎵

 

昨日は、
既存住宅を

従来からの価値を
感じられない中古住宅から

価値を感じられる
「安心R住宅」にしようと
国土交通省が
取り組みを始めたと書いた。

 

 

現在、
一戸建て木造の既存住宅を
リノベーションする依頼を
受けて取組んでいる。

既存住宅の性能を
現在の基準に引き上げるのは、
とても大切なこと!

 

建築に詳しい人は、
お気づきだと思うけど、
土壁の在来木造と呼ばれる住宅。

新耐震設計が
義務つけられた
昭和56年以降の昭和の住宅

見るからに立派な建物!

 

年に何件か、土壁の家の
断熱リノベーション依頼が
くるようになった。

土壁の場合、
どのように断熱性を確保するか
毎回頭をひねることになる。

 

お客様の中には、
土壁だから暖かいはずなのに
寒いと言われる人がおられる。

昔ながらの土壁は暖かい
と説明される工務店もあるから
困ってしまう。

 

土壁がない
壁の中が空洞の建物に比べれば、
暖かいのかもしれないが(^.^;…

土壁の熱伝導率は
0.69w/mK程度

グラスウールの1/10程度!

つまり
7センチ厚の土壁の断熱性は、
7ミリのグラスウールの断熱性と同じ

土壁自体に
断熱性能はないと考えて方が良い。

土壁づくりが
壁の中が空洞の建物に比べて
冬に暖かく感じるのは、
すきま風が少なくなるから。

夏に涼しく感じるのは、
夏の日差しの熱を土壁が蓄えて、
太陽熱が室内に入ってくるのに
時間がかかるから。

これは、
土壁の蓄熱性能で断熱性能ではない。

そして、
蓄熱性の高い建物は、
夏の昼間に熱を蓄えすぎると
夜間に熱が室内に出てきて
部屋が熱くなってしまう。

つまり、
暖まると冷めにくく、
冷えると容易に暖まらない。

 

一棟まるごと
断熱改修する場合には、

土壁住宅の特徴である
蓄熱性能と調湿性能を
活かした断熱改修方法で
施工することも可能になる (^.^)

 

 

どの方法を
採用するかが、毎回悩みどころ。

 

それでは、また明日(‘ー‘)/~~

にほんブログ村 住まいブログ 住まいと健康へ

にほんブログ村

 

無料相談会を開催します。

住まいの無料相談会.バナー

住まいについて
相談したいのですが…

0586-71-3800
お電話ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です