高精度の構造体 ウインウッド工法

ウィンウッドは安定した品質、強度をを保つために、①材料精度の高い集成材や金物の使用、②一定の品質を確保するプレカット加工、③施工においては指定の金物をピンで結合する方法を取り、精度の高い良質な住宅を供給する進化した木造住宅なのです。 構造材の接合部分は、全て金物でジョイントします。柱や梁などの構造材を「削らない・穴をあけない」(ボルトやピンの穴だけ)工法です。従来からの木造よりも、 はるかに断面欠損が少なくなり、強固な構造になります。 強い地震を受けても柱が抜けないよう、1本づつ引抜耐力を計算し、必要に応じた金物を選定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

信頼の接続金物